山梨大学医学部附属病院 卒後臨床研修プログラム

本プログラムの目的は、卒後臨床研修を通じて一次医療・二次医療・三次医療と多様化を続ける医療に対応できる人材の育成を行うことにある。具体的には、経験と教育手法を備えた指導医の下で、医師としての人格と見識を磨く。さらに、将来の専門科にかかわらず、日常診療で頻繁に遭遇する common disease に適切に対応できるよう、プライマリ・ケアの基本的総合な診療能力(態度、技能、知識)を身につけることを目的とする。また新専門医制度における確実な専門医取得に向けた支援を行うことも目的とする。

dd

1.自由度の高いプログラム

 多様な医師としての資質を初期研修で育成するため、基本プログラム(一般プログラム、たすき掛けプログラム)と、キャリアプログラム(産婦人科重点研修コース、小児科重点研修コース)を設定しています。1年目は基本的な疾患・病態を専門医の指導の下で確実に学習する事を目的に内科・救急での研修を充実させています。2年目は、より多くのcommon diseaseを経験するために2次医療圏の中核病院を中心に学外での研修を推奨しています。

2.新専門医制度に対応したプログラム

 本学の新教育グランドデザインでは2年目研修医期間はサブレジデントと位置づけ、30年度より始まる新専門医研修へスムーズに進むための準備期間としています。専門科探索型・ストレート型・ER/総合診療型など個々のニーズに合わせて12か月間、自由に研修先を回ることが可能となっています。

3.考える救急医療

 本学では、国立大学では唯一地域2次救急輪番に参加し、市中病院で経験する1~2次症例のfirst touchを研修医が行っています。さらに28年度からは平日日中にERを開設し経験症例数が大幅に増加します。これらの救急研修では、1~2次といえども救急・各科専門医による指導が受けられ、さらには3次へのトリアージと引き続きその診療に自ら関わることにより、ワンランク上の救急研修が経験できます。単に診て治療するだけの救急ではなく考える救急研修を提供しています。

4.地域医療と総合診療

 地域医療研修は総合診療研修に必要な経験を積むことができるよう、検診施設・2次医療圏中核病院・診療所・保健所など、多くの県内施設に加え、同一医療圏にある近隣の施設も連携病院としています。また今後起こり得る様々な災害を想定して、災害被災地での地域医療研修(南三陸町)も可能とし、例年多くの研修医が選択し貴重な経験を積んでいます。
TOP