menu
  • dd
  • メール受付窓口まで
山梨大学医学部附属病院卒後臨床研修プログラム
山梨大学医学部附属病院 臨床教育センター Facebookページ

研修医からのメッセージ

研修医からのメッセージ

三上 学 先生  山梨大学医学部附属病院初期研修医1年目として忙しくも充実した日々を送っております。私が大学病院を研修に選んだ理由は、量より質を重視して、ひとつひとつの疾患に深く関わることで自分の力を伸ばしていこうと考えたからです。実際に大学病院の研修では、指導医からの質の高いフィードバックを基にひとつひとつに疾患について深く学ぶことでき、また、チームの一員として治療方針決定に関わることで実践的な研修を受けることができています。
 大学病院は市中病院に比べてCommon diseaseの研修が弱いと言われることがありますが、二次救急ではCommon diseaseに対して指導医監修のもと、first touchから診断、治療、入院または帰宅の判断まで行うことができます。加えて自由度の高い臨床プログラムを利用することで2年目から希望の市中病院で一定期間研修を行うことができるため、大学病院で研修をしていても幅広いCommon diseaseを経験することが可能です。
 更に大学病院ならではの研修として、最先端の研究を行っている先生から学会発表や論文発表の手厚い指導を受けることができる機会があるため、将来のキャリア形成に向けて大いに力となる研修を受けることができます。
 最後になりますが、山梨大学医学部附属病院での研修生活は、何か困ったことがあれば1年目・2年目の研修医や事務の方にすぐに相談できる環境にあるため、サポート体制が非常に充実した研修生活をおくることができます。仲間として皆様と一緒に働ける日を楽しみにしております。 集合写真
齋藤 総 先生  このような機会を頂けたので、山梨大学医学部附属病院での研修を実際に一年経験した僕から皆さんへ、六年生の頃に研修病院の選択で迷っていた頃を思い出しながら少し書きたいと思います。
 今となっては選択肢として、大学病院しか考えられません。専門医制度が変化している最中、市中病院では症例の内容に偏りがでないか不安でしたし、実際に友人から話を聞いてみると自施設では研修できない科があるケースもあるようです。当院での研修ならば内部のみでも十二分の経験ができます。また身近にあると気付けないですが、病院としての設備は目を見張るものがあります。そのような恵まれたハード環境ですが、ソフト面も遜色ありません。当院の研修は自由度が高く二年目は地域医療1ヶ月と、他11ヶ月全て自由選択となっています。しかしそれは建前であり、一年目から希望があれば沿う形に変更可能です。さらに市中病院や県外の病院での短期研修も可能で、高い専門性を希望していても対応できるものです。どの科を専門にしても必須スキルである二次救急では研修医二人のチームで診察から治療方針まで決め、それに対して救急科の指導医がフィードバックを行うことで効率よい診療能力の向上が期待出来ます。こういった手厚いサポートは手技を行う際にも強く感じられます。
4人の研修医 最後に肝心の給与ですが、一部の市中病院には敵いませんが大学病院ではトップクラスで、僕の手取りはだいたい基本給24万+当直手当や家賃手当、ボーナスという形になっています。当然これらの給与を使い切ることが出来る時間もあります。
 内科も外科もマイナーも、地域医療も最先端も、臨床も研究も、仕事も趣味も楽しみ放題な山梨大学医学部附属病院で、楽しみ尽くしている僕が心より皆様をお待ちしています。
平成27年度採用研修医(卒後臨床研修一般プログラム、2年間本院で研修)
大澤 玲於奈  私は研修医として2年間、山梨大学医学部附属病院で働き学んできました。市中病院で研修した友人とも話したりする中で改めて振り返ると、私自身本当に素晴らしい研修ができたと感じています。一般的に大学病院は専門性が高くcommon diseaseが診られなかったり、手技があまりできないのではないかと心配する方がいらっしゃると思います。山梨大学は、大学病院として高度な医療を提供し研究も行いながら、同時に地域に根ざした医療も行なっています。最先端の治療を行う患者さんを担当し、学会で発表することもあれば、2次救急では肺炎や脳梗塞などを始め、本当に多くの症例を経験することもできました。そしてなによりも仲間との結束力の強さにはどこにも負けません。上級医の先生は熱心に指導してくださり、また研修医のアセスメントに対しても真摯に向き合ってくださり、積極的に患者さんの診断や治療に携わることができます。研修医専用の自習室は1人1台のデスクが与えられ、また仮眠ベッドやシャワールームも併設されています。研修医同士で意見交換や、症例の検討、プライベートの相談や他愛のない話をしたり、本当に恵まれた環境です。同じ研修医という立場として、仕事でもプライベートでも仲良く一緒に頑張れるというのはとても心強いことです。

 初期研修の2年間は、今後の医師としての人生に大きく関わる大切な時間です。山梨大学医学部附属病院で皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。
平成27年度採用研修医(卒後臨床研修一般プログラム、2年間本院で研修)
諏訪 博史  私が母校での研修を決めたのは、新しい環境に慣れるための労力を割くことなくその分研修に力を注ぐことができると考えたからです。もちろん「common diseaseをたくさん診ることができて、手技を多く経験させて貰える」市中病院での研修に魅力を感じなかった訳ではありません。しかし1年間を終えて振り返ってみると、考えていた以上の収穫がありました。大学病院ならではの希少な疾患に加えてcommon diseaseの合併例もあるため、一人の患者さんから多くを学ぶことができました。手技だってやる気次第でいくらでもやらせてもらえますし、指導して下さる先生が多ければ多いほど長年を掛けて培われた技術を体得する機会が増えます。ちょっと不安な二次救急でも、所見の取り方から検査データのアセスメント、治療まで上級医の先生方の熱心な指導を受けながら安心して取り組むことができます。

4人の研修医 また研修医仲間が多いというのは何よりも心強いものです。仕事を円滑に進めるために情報の共有は欠かせません。たとえ仕事で辛いことや嫌なことがあっても研修医室で同期や先輩に相談したり愚痴を聞いたりしてもらえば、翌日には気持ち良く働くことができます。一緒にローテーションを回った仲間とお疲れ会を開くのは何とも言えない至福のひとときです。
 どうやら私はこの研修生活を楽しんでいるようです。山梨大学医学部附属病院で働くのも良いですよ。
TOP