menu
  • dd
  • メール受付窓口まで
山梨大学医学部附属病院卒後臨床研修プログラム
山梨大学医学部附属病院 臨床教育センター Facebookページ

研修医からのメッセージ

研修医からのメッセージ

後藤 諒 先生
(卒後臨床研修小児科重点研修コース、令和2年度研修中)
後藤 諒 先生  私が山梨大学医学部附属病院での研修を選択したのは、この病院なら多くの指導医と医療設備の揃った環境で質の高い研修が行えると考えたからです。医療者であると同時に教育者でもある上級医の先生方は研修医一人一人に熱心に指導してくださり、2年目研修医や後期研修医も多く在籍していることから些細な疑問でもすぐに相談することが出来る環境にあります。また、数年前に完成したばかりの新病棟にある手術室は清潔かつ最新の機材が備えられており、病院見学で回った市中の人気病院にも全く劣りません。
  一方で大学病院での研修について「希少な疾患の患者が多く肺炎や腹症などcommon deseaseを見る機会が少ないのでは」「前医で診断がついている患者ばかりでファーストタッチの経験ができないのでは」とご心配の方もいるかもしれません。しかし、本院の研修では大学病院ならではの強みを生かしながら、ニ次救急外来でcommon deseaseの患者も多く経験することが出来ます。
 二次救急外来では「夕から頭が痛い」「吐き気がする」などのcommonな主訴で来院した患者に研修医が初診にあたります。複数の上級医の手厚い指導の下、病歴の聴取から心電図・超音波検査などの検査、縫合・挿管などの手技、入院の必要性の判断に至るまでを研修医が主体的に行うことが出来ます。また、夜間であってもCTやMRIなどの高度な検査を行えることや、重症度の高いケースでは各臓器の専門家である各科の当直医の先生から直接ご指導やフィードバックを頂けることも大学病院の大きな魅力であると感じています。
 20人以上いる同期研修医の出身は様々で、山梨大学出身者のみならず他県・他学の出身者も各学年に何人もおり、互いに刺激しあい、励ましあいながら切磋琢磨することができます。
 どこで研修を行うか最後まで悩んだ私でしたが、山梨大学医学部附属病院での1年弱の研修を経験し、この選択は間違っていなかったと確信しています。
 皆様とこの病院で一緒に働く日を楽しみにしています。
渡邉 千嘉 先生
(卒後臨床研修一般プログラム、令和2年度研修中)
渡邉 千嘉 先生  私が山梨大学医学部附属病院で研修を始めてから、早一年が経ちました。振り返りますと、大変実りの多い日々を送ることができたと感じています。
 当院を研修先として選択してよかったと思う点がいくつかあります。まず第一に、どの科をローテートしても指導医の先生方から手厚い指導を受けることができるという点です。上級医、指導医の数は豊富で、どの先生も親身に、丁寧にご指導くださいますし、大学病院らしく多様な症例を経験することができます。興味を持っている科では学会参加や発表の機会もいただけます。
 また、二次救急では研修医が主体となり、問診から検査、診断までの一連の流れや様々な手技を行うことができます。大学病院というとcommon diseaseに接する機会がないのではとお考えの方も多いかと思います。当院の二次救急はそのような声を受け、研修医がファーストタッチできる機会を増やせるようにと諸先生方のご厚意から始まったものであり、指導医の先生方のご指導のもと、安心して診療に挑戦できる体制が整っています。
 加えて、日々の研修生活を送る環境も整っています。個々の机がある広い研修医室には総勢60名以上の研修医がおり、頼れる友人や先輩がすぐ近くにいるということはとても心強いものです。研修医として過ごす中で、疑問やちょっとしたつまづきは多々あることと思いますが、そうした時に気軽に声をかけることができるというのは、何より大切なことではないかと思います。本学の卒業生が多くを占めるものの、少なからず他大学出身の研修医もおり、垣根なくお互いに高め合いながら過ごしています。
 研修先をご検討中の皆様、ぜひ当院で一緒に充実した研修生活を送りましょう。
三上 学 先生
平成29年度採用研修医(卒後臨床研修一般プログラム、2年間本院で研修)
三上 学 先生  山梨大学医学部附属病院初期研修医1年目として忙しくも充実した日々を送っております。私が大学病院を研修に選んだ理由は、量より質を重視して、ひとつひとつの疾患に深く関わることで自分の力を伸ばしていこうと考えたからです。実際に大学病院の研修では、指導医からの質の高いフィードバックを基にひとつひとつに疾患について深く学ぶことでき、また、チームの一員として治療方針決定に関わることで実践的な研修を受けることができています。
 大学病院は市中病院に比べてCommon diseaseの研修が弱いと言われることがありますが、二次救急ではCommon diseaseに対して指導医監修のもと、first touchから診断、治療、入院または帰宅の判断まで行うことができます。加えて自由度の高い臨床プログラムを利用することで2年目から希望の市中病院で一定期間研修を行うことができるため、大学病院で研修をしていても幅広いCommon diseaseを経験することが可能です。
 更に大学病院ならではの研修として、最先端の研究を行っている先生から学会発表や論文発表の手厚い指導を受けることができる機会があるため、将来のキャリア形成に向けて大いに力となる研修を受けることができます。
 最後になりますが、山梨大学医学部附属病院での研修生活は、何か困ったことがあれば1年目・2年目の研修医や事務の方にすぐに相談できる環境にあるため、サポート体制が非常に充実した研修生活をおくることができます。仲間として皆様と一緒に働ける日を楽しみにしております。 集合写真
齋藤 総 先生
平成29年度採用研修医(卒後臨床研修一般プログラム、2年間本院で研修)
齋藤 総 先生  このような機会を頂けたので、山梨大学医学部附属病院での研修を実際に一年経験した僕から皆さんへ、六年生の頃に研修病院の選択で迷っていた頃を思い出しながら少し書きたいと思います。
 今となっては選択肢として、大学病院しか考えられません。専門医制度が変化している最中、市中病院では症例の内容に偏りがでないか不安でしたし、実際に友人から話を聞いてみると自施設では研修できない科があるケースもあるようです。当院での研修ならば内部のみでも十二分の経験ができます。また身近にあると気付けないですが、病院としての設備は目を見張るものがあります。そのような恵まれたハード環境ですが、ソフト面も遜色ありません。当院の研修は自由度が高く二年目は地域医療1ヶ月と、他11ヶ月全て自由選択となっています。しかしそれは建前であり、一年目から希望があれば沿う形に変更可能です。さらに市中病院や県外の病院での短期研修も可能で、高い専門性を希望していても対応できるものです。どの科を専門にしても必須スキルである二次救急では研修医二人のチームで診察から治療方針まで決め、それに対して救急科の指導医がフィードバックを行うことで効率よい診療能力の向上が期待出来ます。こういった手厚いサポートは手技を行う際にも強く感じられます。
4人の研修医 最後に肝心の給与ですが、一部の市中病院には敵いませんが大学病院ではトップクラスで、僕の手取りはだいたい基本給24万+当直手当や家賃手当、ボーナスという形になっています。当然これらの給与を使い切ることが出来る時間もあります。
 内科も外科もマイナーも、地域医療も最先端も、臨床も研究も、仕事も趣味も楽しみ放題な山梨大学医学部附属病院で、楽しみ尽くしている僕が心より皆様をお待ちしています。
TOP