ホーム > 新着情報詳細

新着情報詳細

 第1回女性職員と病院長の懇談会 実施報告(山梨大学)

2012年 2月21日


1月に行われた「女性医師シンポジウム」の際に、島根大学の取り組みを参考に、山梨大学の島田病院長からの「女性職員との懇談会(ランチョントーク)からまず実現しよう」という発言がきっかけとなり、2月20日に山梨大学医学部附属病院第1回女性職員との懇談会が実現しました。


懇談会は女性医師シンポジウムでも代表世話人をお願いした産婦人科の大森真紀子先生を中心に、皮膚科の田中先生、麻酔科の中嶌先生、検査部検査技師の長田さん、看護部助産師の野村さん、病院経営管理部事務職員の小野さんの6名で実施しました。


ランチをしながら、院内保育園関係や現在進めている病院再整備計画における病院施設意見(トイレに赤ちゃんホルダーを、また、授乳室・女性トイレの増設など)、女性に優しい病院職場環境(職員授乳室の新設など)に関する意見、また高度医療人事業に関連し、復帰支援プログラムの更なる充実に関する意見など、女性目線での新たな提案もあり、懇談会は2時間近く熱い議論が交わされました。

島田病院長も「今までいろいろと情報を収集していたが、本日、初めて聞く意見もあり、病院としても可能なところからまずは取り組んで行きたい」とお話になられました。

島田病院長の他にも、白沢事務部長、板倉先生、本事業の事務担当も参加し、いろいろな意見交換が行われ、初回より大変充実したものになりました。


今後もこの会を継続し、女性医師の復帰支援の一助としたいと考えます。



   20120220A    20120220B