ホーム > 代表挨拶

代表挨拶

山梨大学
山梨大学医学部附属病院
病院URL


医学部附属病院長
藤井 秀樹

山梨大学医学部附属病院長を拝命しております藤井でございます。平成20年度文部科学省高度医療人養成事業として選定の「研修医の多様な要望に応える専門医養成事業―南関東・静岡地域を起点とした地域住民に信頼される高度医療人の養成―」は、これまで近距離にありながら疎遠であった地方国立大学病院と首都圏にある私立大学病院が連携し、それぞれの大学の有する特色ある診療技術等を最大限に活用し、これを相互補完することにより高度な医療人を育成することを目的としたものであります。
全国で多くのプログラムが動き出していますが、本事業で連携している大学はいずれも関東近県に位置しており、連絡を密に取ることができること・医師等関係者が往来することが比較的容易なこと等、地の利を生かすことができるのが最大の特徴です。

多様な専門医資格を取得できるよう、診療科別専門医養成コース、複合型専門医養成コース、高度技術取得型専門医養成コース、地域医療・総合医療専門医養成コースを設けた他、特に女性を対象にした女性医師キャリア形成型専門医養成コースを設ける等、女性の生活環境にも十分配慮したものとなっており、現在懸念されている医師不足、女性の就労機会の確保等、社会の要請にも十分対応できるものであります。

現在では各大学により短期の研修会・講習会が実施され、人的交流が図られているとともに、この連携ならではの高度な技術の交流が図られていることは喜ばしい限りです。今後ともご理解ご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。


浜松医科大学
浜松医科大学医学部附属病院
病院URL


医学部附属病院長
瀧川 雅浩

平成22年4月から、浜松医科大学医学部附属病院長を拝命しております瀧川です。

大学病院の使命として最も大切なのは、患者さんに最高で最良の医療を提供することです。そのためには高度で安全な医療を行うとともに、医療の内容を丁寧に分かりやすく説明していくことが大切です。
良質の医療を提供するためには、優れた医療従事者の育成が重要です。

特に若い医師には優れたカリキュラムを用意して、医療経験を積んでいってほしいと思います。本学では、平成20年度文部科学省大学病院連携型高度医療人養成推進事業に山梨大学を中心とした5大学での申請が採択され、このグループの一大学として連携協力を行っています。このグループは5つの基本専門医取得コースに基づいたキャリア形成コースを持つ後期研修プログラムを提示し、若手医師たちに具体的で実践的なプログラムであることから大変魅力のあるものと思います。後期研修コースを明確に示し、専門医資格取得を目標とし、研修プログラムならびに研修してきた内容を可視化し、医師本人さえ望めば多様で高度な研修を受けることが可能になる、すなわち若手医師のキャリアパスを支援することにより高度な医療人を養成しよとするものであります。若手医師たちにはこの制度を利用することにより一層高度な研修が可能となることを知っていただきたいと思います。ご理解とご協力をお願い申し上げます。


北里大学
北里大学病院
病院URL


病院長
海野 信也

北里大学病院の病院長を拝命しております海野でございます。

北里大学病院は1971年に設立されました。その後1986年には、すぐ隣接したキャンパスに北里大学東病院(許可病床557床)が設立され、両病院併せて1,600床近くの巨大な病院となっています。機能的に両病院併せて一つの病院として完結しており、日常の診療、教育、研究は密接に連携して運営されています。両病院は、「患者中心の医療」「共に創り出す医療」を理念として掲げ、患者様に信頼される安全で思いやりのある医療の実践を目指しています。診療面では、特定機能病院として高度医療、先進的医療を推進すると共に地域医療の充実にも力をいれ、地域基幹病院としての役割も果たしています。教育病院としては、医療系各学部(医学部、薬学部、医療衛生学部、看護学部など)の学生、大学院生の卒前卒後教育や、地域医療人の教育、市民公開講座、生涯教育などを行っています。特色ある教育プログラムとして、学部担当学生1,000人余りが一堂に会する「チーム医療教育」や、後期研修プログラムあるいはキャリア形成プログラムに力を入れています。専門医資格と学位が平行して取得できる専門医のための高度医療人育成教育プログラムもあり、専門医からさらに上のキャリアアップを目指すことも出来ます。また、2008年には東京都港区白金の北里研究所病院(294床)と埼玉県北本市の北里研究所メディカルセンター病院(380床)が北里大学教育病院として加わり、4病院が連携し、各地域を結んだ特色ある診療・教育・研究体制を構築しつつあります。

大学病院としての使命を果たすため、今後も信頼される安全で高品質の医療の遂行、優れた人材育成に力を注いでまいりたいと思います。どうぞ宜しくご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。


昭和大学
昭和大学病院
病院URL


病院長
有賀 徹

昭和大学の建学の理念は「至誠一貫」("まごころ"を尽くし、質の高い医療人の育成を行う)であります。実践の場である昭和大学病院に、この理念をあてはめると、「患者さまの目線で考える医療」「職種・職域を越えたチーム医療」及び「先進的な医療の実践」ということになります。

昭和大学病院で働くスタッフ一人一人が、自分自身が患者なら、また自分の家族が患者ならどう対応して欲しいかをよく理解した医療を心掛けるよう指導してまいります。

患者さまにとって病院の医療安全対策がどのようになっているかは、最も重要で関心のあることだと思います。少しでも「おや?」と思ったことは、職域・職場を越えて声を掛け合う環境作りを目指してまいります。


聖マリアンナ医科大学
聖マリアンナ医科大学病院
病院URL


病院長
尾崎 承一

聖マリアンナ医科大学病院長の尾崎 承一です。

当大学病院は「愛ある医療」の提供を基本理念としており、その実現のため全職員が一丸となって取り組んでおり、地域住民からも厚い信頼を得ております。また、特定機能病院の責務として高度先進医療の遂行にも努めており、さらに救命救急医療・熱傷治療・移植医療・がん治療・総合周産期医療や災害医療も積極的に行っております。

このような医療活動の基盤となるのは優れた医療人の育成であり、中でも若手医師の教育が重要なことは言うまでもありません。平成20年度から始まった文部科学省大学病院連携型高度医療人養成推進事業では、本学も山梨大学を中心とする南関東・静岡地域5大学で形成する「地域住民に信頼される高度医療人の養成」グループに参加し、積極的に活動しています。大学の垣根を越えて行われる各種専門医養成コースは、実戦的で参加者に大変好評であり、さらに今後は短期の研修会・講習会だけでなく、より長期の人的交流も行われる予定と伺っております。この事業を通じて大学間の交流が促進され、より広い視野を有する優秀な若手医師が巣立っていくことを期待しています。